Scented Products May Be Harming Your Dog or Cat

Leave a Comment 80 views

Does your dog or cat have runny noses? 

Do they have mucus in their eyes?

Are they experiencing breathing difficulties, upset stomach or loss of appetite?

Or perhaps, you may be experiencing any one of the following:

  • Sneezing and coughing
  • have a headache 
  • feel dizzy
  • have chest pain and breathing difficulties
  • dull and fatigued

If so, you may want to inventory-take your household cleaning and personal care products in the house.

There is a chance that scented products such as deodrants, anti-bacterials, fabric softerners, detergents, air fresheners, aroma diffusers and candles may be the cause of your beloved puppy or kitten's maladies. Other household products such as insecticides, cosmetics, shampoos, conditioners and hair sprays may also be responsible. 

It would be a good idea to stop using them for a month or so to see whether the symptoms get better or disappear. If the symptoms go away, it makes sense to get rid of those products and replace them with natural alternatives. 

Nowadays, most products are heavily scented which are causing health problems among increasing number of people such as

  • breathing difficulties 
  • asthma attacks
  • nose and throat inflammation
  • migranes and headaches
  • dizziness and vertigo
  • rashes and dermatitis
  • congestion
  • seizures
  • nausea

and a plethora of other physical symptoms.

Dr. Yukio Yanagisawa, Principal of Kaisei Junior High School and High School and Project Professor of Environmental Process Engineering Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo warns of the severity of "fragrance pollution" in his book "Kuuki No Jigyo (Lesson on Air)".

https://japama.jp/wp/wp-content/uploads/2019/04/香りチラシ20190405.pdf

If people are being affected by these fragranced products, it is only natural to assume that companion animals exposed to the same fragrances can be susceptible to these symptoms. 

Animals have no way of telling their owners to stop using such products, nor are they able to avoid exposure on their own, if they are inside the house all the time other than when you take them out for a walk.

CLINIC NOTE 164には、高残香性柔軟剤・消臭除菌スプレー・家庭用洗浄剤による伴侶動物の健康被害の特集が組まれています。 

高残香性柔軟剤を使用するようになった家庭で飼われていた猫が、流涎、斜頸、元気食欲の低下で来院。肝酵素値の上昇、腎機能の低下が認められた。高残香性柔軟剤の使用を中止したところ、症状は改善した。

柔軟剤の症例2
同様に、高残香性柔軟剤の使用を開始した4日後に、意識混迷で横臥したまま連れてこられた猫では、血液検査で白血球数の増加、軽度の貧血、肝酵素値の上昇、腎機能の低下が認められた。入院治療で3日後に意識回復し、初日の血液検査の異常値はすべて改善が認められた。自宅での高残香性柔軟剤の使用を中止して退院とした。その後数年が経過するが再発は無い。

柔軟剤と除菌スプレー症例
飼い主は、非常に強力な高残香性柔軟剤、高残香性洗濯用洗剤を使用し、香り付きの消臭・除菌スプレーをこまめに、ありとあらゆるものに噴霧していた。洗濯物はサンルームに干していたが、飼っているペキニーズは好んでこのサンルームで昼寝をしていた。その3年間、ペキニーズは時折『キューン、キューン』と鳴き出してうずくまり、呼吸困難となるという発作を繰り返していた。常に眼脂・流涙もひどく、治らなかった。その後、飼い主自身が化学物質過敏症を発症したため、これらの使用をやめたところ、ペキニーズの上記の症状も全て消失した。

塩素系洗浄剤の症例1
飼い主が、浴室で塩素系洗浄剤をスプレーしている様子を後方で見学していた猫が、翌日より元気食欲の低下、虚脱、徐脈を認めた。血液検査では軽度腎機能の低下があり、入院治療とした。入院3日後に呼吸困難となり、6日後に胸水が貯留した。各種の検査により、呼吸器障害による急性肺高血圧症に陥ったと診断した。その後は回復し、以後3年間再発は無い。

 


塩素系洗浄剤の症例2
呼吸促迫、元気消失のため来院した猫は、血液検査で異常は認められなかったがレントゲン検査では、肺野全域の透過性の減弱があった。入院治療としたが、原因不明のため治療も手探りで、12日後に死亡した。再度の飼い主への問診で、初日に猫のいる近くで、塩素系洗浄剤を用いて電化製品の清掃をしていたことが分かった。

 

 

 

良かれと思って使っているものが、実は、あなたのかわいいワンちゃんや、ネコちゃんの身体を害しているかもしれません。引いては、ゆくゆくは、あなた自身も、突然症状が出兼ねません。

 

家族の一員である、ワンちゃん、ネコちゃん、そしてご家族、そしてあなた自身の健康ためにも、家庭用品の棚卸しをし、極力、香料付き製品や、無香料でも化学物質が含まれるものを減らしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

How to make your first 10K online!